東京の運行管理者基礎講習の日程

NASVA東京主管支所で行なわれる運行管理者基礎講習(旅客・貨物)の情報をお伝えします。

運行管理者基礎講習とは

運行管理者基礎講習は、運行管理を行なうために必要な法令及び業務等に関する必要な基礎知識の習得を目的とする方を対象とした講習です。

具体的には、以下の方々を対象としています。

  • 運行管理者試験を受けようとしているが1年以上の実務経験がない方
  • 運行管理者の補助者として選任予定の方
  • 新たに運行管理者に選任されたが、以前に基礎講習を受講していない方

新たに運行管理者に選任された方は、 選任届出をした年度内に基礎講習又は一般講習を受講しなければなりません。

新たに(当該事業者で初めて)運行管理者に選任され、以前に基礎講習を受講していない方は、選任届出をした年度内に基礎講習を受講しなければなりません。

基礎講習は3日間(合計16時間)行なわれ、講習を修了するためには、3日間すべての出席が必要です。

修了証明について(重要)

運行管理者試験を受験する方は、試験の種類(貨物自動車運送事業の試験又は旅客自動車運送事業の試験)によって、受験資格の種類が異なります。ご注意ください。

貨物自動車運送事業の試験は、基礎講習(貨物)修了者又は受講予定の方です。

旅客自動車運送事業の試験は、基礎講習(旅客)修了者又は受講予定の方です。

受講した講習の修了証明は、旅客又は貨物の別が明記されます

旅客の運行管理者試験を受験する方は旅客の講習を受講してください。貨物(トラック)の講習修了では旅客の運行管理者試験を受験することはできません。

貨物の運行管理者試験を受験する方は貨物の講習を受講してください。旅客(バス、ハイタク)の講習修了では貨物(トラック)の運行管理者試験を受験することはできません。

受講する講習を間違えないようご注意ください。

運行管理者基礎講習(旅客・貨物)の開催予定(東京主管支所)

NASVA東京主管支所では、以下の日程で運行管理者基礎講習(旅客・貨物)が予定されています。

受講を予定している方は、早めの予約をお勧めします。

基礎講習は、最寄りの講習会場で受講することができます。NASVA東京主管支所における基礎講習は以下の会場で行なわれます。

受付開始日は、日程により異なります。

以下は、2021年8月13日現在の予定です。
この後も、日程が追加されたり予定が変更されたりすることがあり得ます。
最新の状況は、必ずNASVAの予約システム等で確認してください。

貨物(トラック)の講習予定

開催日会場
・2021年10月06日 (1日目)
・2021年10月07日 (2日目)
・2021年10月08日 (3日目)
スクエア荏原
・2021年10月13日 (1日目)
・2021年10月14日 (2日目)
・2021年10月15日 (3日目)
東京トラック事業健保会館
・2021年10月26日 (1日目)
・2021年10月27日 (2日目)
・2021年10月28日 (3日目)
【動画】東京主管
・2021年11月17日 (1日目)
・2021年11月18日 (2日目)
・2021年11月19日 (3日目)
ルミエール府中
・2021年11月24日 (1日目)
・2021年11月25日 (2日目)
・2021年11月26日 (3日目)
東京トラック事業健保会館
・2021年12月14日 (1日目)
・2021年12月15日 (2日目)
・2021年12月16日 (3日目)
東京主管

旅客(バス、ハイタク)の講習予定

開催日会場
・2021年10月20日 (1日目)
・2021年10月21日 (2日目)
・2021年10月22日 (3日目)
サンパール荒川
・2021年11月09日 (1日目)
・2021年11月10日 (2日目)
・2021年11月11日 (3日目)
東京主管
・2021年11月29日 (1日目)
・2021年11月30日 (2日目)
・2021年12月01日 (3日目)
【動画】東京主管
・2021年12月22日 (1日目)
・2021年12月23日 (2日目)
・2021年12月24日 (3日目)
【動画】東京主管

NASVA東京主管支所の運行管理者基礎講習(旅客・貨物)についての詳細は下記のPDFをダウンロードしてください。
2021基礎講習_東京主管支所(後期10月~12月)

運行管理者基礎講習の受講申込方法

運行管理者基礎講習を受講するには予約が必要です。講習の予約はNASVAのホームページ(『運行管理者指導講習予約システム』)から簡単にできます。

インターネットからの予約方法はpdfファイル化されていて、分かりやすくなっています。予約方法のダウンロードは「インターネットによる講習予約方法(手順書)」からできます。

基礎講習の内容

  1. 道路運送法、貨物自動車運送事業法、道路運送車両法、労働基準法及び道路交通法等の関係法令
  2. 運行管理の業務及び自動車事故防止に関すること
  3. 運転者の指導教育と適性診断に関すること
  4. その他(3日目に試問が行なわれます。)

基礎講習の手数料

手数料は8,900円(税込)です。講習の初日に支払うことになっています。

東京主管支所の連絡先

基礎講習についてご不明な点がありましたら、NASVA東京主管支所にお問い合わせください。

所在地

〒130-0013

墨田区錦糸1-2-1
アルカセントラルビル8階

電話番号03-3621-9941
FAX番号03-3621-9944

年々難易度がアップしている
運行管理者試験に合格するための勉強方法

運行管理者試験に合格するための勉強方法について、自分自身の経験を踏まえてお話します。

運行管理者試験は年々難易度がアップしてきています。合格点を取るには、しっかりと勉強する必要があります。一夜漬けの勉強で合格することは難しいと言えます。

ですが、めちゃくちゃ難しいというわけでもありません。地道に次のことをやれば、独学でも合格することはできます。

  1. 参考書を読んで要点をまとめる
  2. 過去問題を解く

問題を解いて間違えたら、間違えた部分のテキストを読み返して、何が間違っていたのかを理解します。それを何度も繰り返します。それが合格への一番の近道です。

試験対策講座を受けるのも一つの方法でしょう。トラック協会などが実施しています。

私自身は、独学で過去問題を何度も繰り返し解き、一回の受験で合格することができました。私自身は、ユーキャンのテキストと問題集を利用しました。

運行管理者試験に合格するためのテキスト&問題集

以下に運行管理者試験のテキスト&問題集をご紹介します。ご自分に合いそうな参考書・問題集を探してみてください。

問題集は、数回分の過去問が掲載されているものを選ぶようにしてください。

また、受験する回に合わせたものを使うようにしてください。過去のものは法令が変更されていることがあるので使ってはいけません。

運行管理者試験(貨物)のテキスト&問題集

 

令和3年8月受験版 運行管理者試験 問題と解説 貨物編

《過去問題を細分化! 》
運行管理者試験は1.運送事業法2.車両法3.道交法4.労基法5.実務上の知識及び能力5つの分野から出題されます。 ただ、やみくもに法令をはじからはじまでを読んだとしても覚えることは難しいはずです。 そこで本書では、法令などを各分野ごとまとめ、さらにその分野でも項目ごとまとめ細分化ています。

《収録されている問題は過去8回分》
令和3年3月~平成29年3月までの過去問題240問を収録しています。 また、同じような過去問題をまとめていますので、どの問題がよく出題される問題がひと目でわかります。

《過去問題を解く前にテキストでまとめてチェック!》
本書は各項目のはじめに過去問題に対する解説テキストを掲載しています。 過去問題に対する解説テキストなのでやみくもに法令を覚えるのではなく、要点となる法令なので覚える範囲が少なく過去問題もよく理解し学習できます。

《過去問題の根拠法令などや間違っている箇所がすぐわかる》
過去問題に対する解説も掲載しています。 この解説は根拠法令などやどこが間違っているかがひと目でわかります。

運行管理者試験(旅客)のテキスト&問題集

  令和3年8月受験版 運行管理者試験 問題と解説 旅客編

《過去問題を細分化! 》
運行管理者試験は1.道路運送法2.車両法3.道交法4.労基法5.実務上の知識及び能力5つの分野から出題されます。
ただ、やみくもに法令をはじからはじまでを読んだとしても覚えることは難しいはずです。
そこで本書では、法令などを各分野ごとまとめ、さらにその分野でも項目ごとまとめ細分化ています。

《収録されている問題は過去8回分》
令和3年3月~平成29年3月までの過去問題240問を収録しています。また、同じような過去問題をまとめていますので、どの問題がよく出題される問題がひと目でわかります。

《過去問題を解く前にテキストでまとめてチェック!》
本書は各項目のはじめに過去問題に対する解説テキストを掲載しています。過去問題に対する解説テキストなのでやみくもに法令を覚えるのではなく、要点となる法令なので覚える範囲が少なく過去問題もよく理解し学習できます。

《過去問題の根拠法令などや間違っている箇所がすぐわかる》
過去問題に対する解説も掲載しています。この解説は根拠法令などやどこが間違っているかがひと目でわかります。

試験対策の参考書・問題集は受験しようとしている回に対応したものを利用することをおススメします。

なぜならば、古い参考書・問題集だと、その参考書・問題集が発行された以降に法律などが改正されている可能性があり、古い法律などを前提に勉強すると、間違った知識を覚えてしまうからです。

寝る前の勉強は記憶に残る

いつ勉強するのがいいかと言うと、寝る前の勉強がお勧めです。

なぜならば、精神科医の樺沢紫苑氏によると、寝る前の勉強は記憶を最大化するからです。

寝る前に勉強すると、勉強したことが頭に残りやすいといわれます。寝ている間には新しいインプットがなされないので、「記憶の衝突」が起こらず、頭の中の整理が進むからです。

(『読んだら忘れない読書術』より)

 

読んだら忘れない読書術
著者:樺沢紫苑
出版社:サンマーク出版

 

目的をはっきりさせて目標を立てる

試験に合格するためには、目的をはっきりさせて目標を立てることも重要です。

あなたが試験に合格したい目的は何ですか?

  • 運行管理者になって給料を上げる
  • 運行管理者資格を取って就職・転職する

人それぞれ、色々あると思います。

目的をはっきりさせたら目標を立てます。そして、紙に書き出します。

目標を立てるだけでなく、紙に書き出した人の方が成功しやすいと言われています。

漠然と試験勉強をするのではなく、目標を立ててそれに向かって勉強する。

その方が合格する確率は上がるでしょう。

運行管理者試験の日程を知りたい方はこちらへどうぞ。

運行管理者講習について詳しくはNASVAのホームページへどうぞ。

運行管理者講習の予約システムへはこちらからどうぞ。

「指導講習予約システムの手順書」のダウンロードはこちらからどうぞ。