運行管理者試験のための対策講座

スポンサーリンク

運行管理者試験のための対策講座

運行管理者試験のための対策講座を学校に通ったり通信講座で学びたいと思っている方のために、民間の運行管理者試験対策講座について調べてみました。

ご参考にしてください。徐々に更新していきます。

ユーキャン

「通信講座と言えばユーキャン」というほど抜群の知名度を誇る通信講座です。テレビCMでもお馴染みですね。

ユーキャンでは「運行管理者(貨物)講座」を実施しています。

ユーキャンの「運行管理者(貨物)講座」のサポート期間

ユーキャンの「運行管理者(貨物)講座」では標準学習期間は6ヵ月に設定されています。

例えば、8月に受験するとしたら、2月頃に勉強を始めるといったスケジュールで無理なく進めることができます。

もし、もっと短い期間で受験する場合は、次の試験までサポートしてくれるようです。

ユーキャンの「運行管理者(貨物)講座」の費用

以下は、2023年1月時点の費用です。

  • 一括払い:39,000円
  • 分割払い:3,300円×12回(12ヵ月)の総計:39,600円

教育訓練給付制度(一般教育訓練)の対象講座にもなっています。
条件を満たしていれば、お得に受講することができます。

教育訓練給付制度とは
厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されるという制度です。
一般教育訓練の場合、受講費用の20%(上限10万円)が訓練修了後に支給されます。

ユーキャンの「運行管理者(貨物)講座」はこちらからどうぞ。

ユーキャンの資格試験シリーズ

ユーキャンでは、ユーキャンの資格試験シリーズとして運行管理者試験<貨物>向けの「合格テキスト&問題集」と「過去問題集」の市販もしています。

独学するなら、こちらもお勧めです。

2023年版
過去6回問題集

2023年版
合格テキスト&問題集

キャリカレ

キャリカレは、株式会社キャリアカレッジジャパンが運営する通信教育講座です。

キャリカレの「運行管理者合格指導講座」は貨物と旅客の両方の試験に対応しています。

キャリカレの「運行管理者合格指導講座」の特徴

キャリカレの講座を受けて合格すると、2講座目を“無料”で受講できるという特典があります。

万が一不合格になってしまったら、受講料は全額返金されるという全額返金保証制度があります。

それだけ講座の内容に自信があるのでしょう。

キャリカレの「運行管理者合格指導講座」のサポート期間

1年間の長期サポートを受けることができますが、短期学習で確実に合格できると謳っています。

キャリカレの「運行管理者合格指導講座」の費用

以下は、2023年1月時点の費用です。

  • 一括費用:48,500円(税込)、Web申込38,500円(税込)
  • 分割支払い例:2,340円×24回、ネット限定価格1,860円×24回

キャリカレの「運行管理者合格指導講座」はこちらからどうぞ。

ヤマトスタッフサプライ

ヤマト・スタッフ・サプライは物流最大手のクロネコヤマトグループの会社です。

ヤマト・スタッフ・サプライでは、「運行管理者試験対策講座(貨物)」を実施しています。

以下の形式の講座があります。

  • オンライン(zoom)+E ラーニング
  • 対面講座
  • 出張講座

ヤマトスタッフサプライの「運行管理者試験対策講座(貨物)」はこちらからどうぞ。

一般社団法人こころーど

一般社団法人こころーどの「運行管理者試験対策講座」は貨物と旅客の両方の試験に対応しています。

「習得講座」と「直前講座&模試」があります。

一般社団法人こころーどの「運行管理者試験対策講座(貨物・旅客)」はこちらからどうぞ。