運行管理者試験について

運行管理者試験は運行管理者になる方法のひとつ

運行管理者試験とは、事業用自動車の運行の安全に関する実務経験がない方が運行管理者になる資格を得るための試験です。

公益財団法人 運行管理者試験センターが実施しています。1年に2回、8月と3月に実施されます。

試験には、旅客と貨物の2種類があります。

運行管理者試験の日程

2021年度(令和3年度)以降の運行管理者試験はCBT試験で行なわれることになりました。
筆記試験は行なわれません。

CBT試験とは、問題用紙やマークシートなどの紙を使用せず、パソコンの画面に表示される問題に対しマウス等を用いて回答する試験です。申請時に複数の試験実施日時や試験会場の中から、受験する日時と会場を選択することができます。

CBT試験については、『運行管理者試験のCBT試験について』をご覧ください。

2021年度(令和3年度)第2回運行管理者試験CBT試験日程

未発表です。

申請受付期間

新規受験

未発表です。

再受験

未発表です。

合格発表

未発表です。

運行管理者試験の種類

運行管理者試験の種類は、貨物と旅客です。

貨物と旅客それぞれ、下に掲げる法令等(法令に基づく命令等を含みます)について筆記で行なわれます。

貨物試験の分野毎の出題数

 出題分野出題数
(1)貨物自動車運送事業法関係8
(2)道路運送車両法関係4
(3)道路交通法関係5
(4)労働基準法関係6
(5)その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力7
 合計30

旅客試験の分野毎の出題数

 出題分野出題数
(1)道路運送法関係8
(2)道路運送車両法関係4
(3)道路交通法関係5
(4)労働基準法関係6
(5)その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力7
 合計30

注意事項

  • 法令等の改正があった場合は、法令等の改正施行後6カ月は改正部分を問う問題は出題されません。

運行管理者試験の合格基準(合格点)

運行管理者試験の合格基準(合格点)は貨物・旅客共に、次の①及び②を同時に満たす得点が必要です。

  • ① 原則として、総得点が満点の60%(30問中18問)以上であること。
  • ② 上表の(1)~(4)の出題分野ごとに正解が1問以上であり、(5)については正解が2問以上であること。

運行管理者試験の合格率

運行管理者試験の合格率についてはこちらをご覧ください。

運行管理者試験の受験申請手続きの方法

運行管理者試験の受験申請手続きには、次の2つの方法があります。

  1. 新規受験申請
  2. 再受験申請

新規受験申請(電子申請)

運行管理者試験センターの運行管理者試験電子申請システムを利用して申し込む方法です。
※電子メールアドレスとスキャナ等が必要です。
新規受験申請については、こちらをご覧ください。

再受験申請

次の条件を満たす方は、再受験申請ができます。
・平成29年度第1回運行管理者試験以降に受験履歴がある
・氏名に変更がない
再受験申請についてはこちらをご覧ください。

運行管理者試験の受験に必要な書類

受験申請の方法と受験資格により必要な書類は異なります。

新規受験申請で必要な書類

実務経験1年以上
  1. 実務経験承認者に関する情報
    「氏名」「勤務先名」「役職名」「電話番号」「メールアドレス」
    ※実務経験承認者から実務経験を承認するメールを送信してもらうため
  2. 本人確認用書類(運転免許証、住民票、マイナンバーカードのいずれか1種類)
    ※マイナンバーの記載がある場合は、該当箇所を切り取るか、塗りつぶしてください。
  3. 顔写真(正面、帽子/サングラス/マスクなし、上三分身の6カ月以内に撮影されたもの)
基礎講習修了または修了予定
  1. 基礎講習修了証または運行管理者講習手帳(試験の種類に応じたもの)
  2. 本人確認用書類(運転免許証、住民票、マイナンバーカードのいずれか1種類)
    ※マイナンバーの記載がある場合は、該当箇所を切り取るか、塗りつぶしてください。
  3. 顔写真(正面、帽子/サングラス/マスクなし、上三分身の6カ月以内に撮影されたもの)

再受験申請で必要な書類

  • 顔写真(正面、帽子/サングラス/マスクなし、上三分身の6カ月以内に撮影されたもの)

年々難易度がアップしている
運行管理者試験に合格するための勉強方法

運行管理者試験に合格するための勉強方法について、自分自身の経験を踏まえてお話します。

運行管理者試験は年々難易度がアップしてきています。合格点を取るには、しっかりと勉強する必要があります。一夜漬けの勉強で合格することは難しいと言えます。

ですが、めちゃくちゃ難しいというわけでもありません。地道に次のことをやれば、独学でも合格することはできます。

  1. 参考書を読んで要点をまとめる
  2. 過去問題を解く

問題を解いて間違えたら、間違えた部分のテキストを読み返して、何が間違っていたのかを理解します。それを何度も繰り返します。それが合格への一番の近道です。

試験対策講座を受けるのも一つの方法でしょう。トラック協会などが実施しています。

私自身は、独学で過去問題を何度も繰り返し解き、一回の受験で合格することができました。私自身は、ユーキャンのテキストと問題集を利用しました。

運行管理者試験に合格するためのテキスト&問題集

以下に運行管理者試験のテキスト&問題集をご紹介します。ご自分に合いそうな参考書・問題集を探してみてください。

問題集は、数回分の過去問が掲載されているものを選ぶようにしてください。

また、受験する回に合わせたものを使うようにしてください。過去のものは法令が変更されていることがあるので使ってはいけません。

運行管理者試験(貨物)のテキスト&問題集

 

令和3年8月受験版 運行管理者試験 問題と解説 貨物編

《過去問題を細分化! 》
運行管理者試験は1.運送事業法2.車両法3.道交法4.労基法5.実務上の知識及び能力5つの分野から出題されます。 ただ、やみくもに法令をはじからはじまでを読んだとしても覚えることは難しいはずです。 そこで本書では、法令などを各分野ごとまとめ、さらにその分野でも項目ごとまとめ細分化ています。

《収録されている問題は過去8回分》
令和3年3月~平成29年3月までの過去問題240問を収録しています。 また、同じような過去問題をまとめていますので、どの問題がよく出題される問題がひと目でわかります。

《過去問題を解く前にテキストでまとめてチェック!》
本書は各項目のはじめに過去問題に対する解説テキストを掲載しています。 過去問題に対する解説テキストなのでやみくもに法令を覚えるのではなく、要点となる法令なので覚える範囲が少なく過去問題もよく理解し学習できます。

《過去問題の根拠法令などや間違っている箇所がすぐわかる》
過去問題に対する解説も掲載しています。 この解説は根拠法令などやどこが間違っているかがひと目でわかります。

運行管理者試験(旅客)のテキスト&問題集

  令和3年8月受験版 運行管理者試験 問題と解説 旅客編

《過去問題を細分化! 》
運行管理者試験は1.道路運送法2.車両法3.道交法4.労基法5.実務上の知識及び能力5つの分野から出題されます。
ただ、やみくもに法令をはじからはじまでを読んだとしても覚えることは難しいはずです。
そこで本書では、法令などを各分野ごとまとめ、さらにその分野でも項目ごとまとめ細分化ています。

《収録されている問題は過去8回分》
令和3年3月~平成29年3月までの過去問題240問を収録しています。また、同じような過去問題をまとめていますので、どの問題がよく出題される問題がひと目でわかります。

《過去問題を解く前にテキストでまとめてチェック!》
本書は各項目のはじめに過去問題に対する解説テキストを掲載しています。過去問題に対する解説テキストなのでやみくもに法令を覚えるのではなく、要点となる法令なので覚える範囲が少なく過去問題もよく理解し学習できます。

《過去問題の根拠法令などや間違っている箇所がすぐわかる》
過去問題に対する解説も掲載しています。この解説は根拠法令などやどこが間違っているかがひと目でわかります。

試験対策の参考書・問題集は受験しようとしている回に対応したものを利用することをおススメします。

なぜならば、古い参考書・問題集だと、その参考書・問題集が発行された以降に法律などが改正されている可能性があり、古い法律などを前提に勉強すると、間違った知識を覚えてしまうからです。

寝る前の勉強は記憶に残る

いつ勉強するのがいいかと言うと、寝る前の勉強がお勧めです。

なぜならば、精神科医の樺沢紫苑氏によると、寝る前の勉強は記憶を最大化するからです。

寝る前に勉強すると、勉強したことが頭に残りやすいといわれます。寝ている間には新しいインプットがなされないので、「記憶の衝突」が起こらず、頭の中の整理が進むからです。

(『読んだら忘れない読書術』より)

 

読んだら忘れない読書術
著者:樺沢紫苑
出版社:サンマーク出版

 

目的をはっきりさせて目標を立てる

試験に合格するためには、目的をはっきりさせて目標を立てることも重要です。

あなたが試験に合格したい目的は何ですか?

  • 運行管理者になって給料を上げる
  • 運行管理者資格を取って就職・転職する

人それぞれ、色々あると思います。

目的をはっきりさせたら目標を立てます。そして、紙に書き出します。

目標を立てるだけでなく、紙に書き出した人の方が成功しやすいと言われています。

漠然と試験勉強をするのではなく、目標を立ててそれに向かって勉強する。

その方が合格する確率は上がるでしょう。

運行管理者試験の合格率を知りたい方はこちらへどうぞ。

運行管理者試験について詳しく知りたい方は、運行管理者試験センターのホームページをご覧ください。

運行管理者試験センターのホームページへはこちらからどうぞ。

国土交通大臣が認定する講習実施機関の一覧を知りたい方は国土交通省のホームページへどうぞ。