最大48%オフ!新生活応援フェア【日本HP】

運行管理者試験の種類と合格基準

スポンサーリンク

運行管理者試験は貨物と旅客の2種類

運行管理者試験には、貨物自動車運送事業の試験(貨物)と旅客自動車運送事業の試験(旅客)の2種類があります。

貨物と旅客両方の資格を取ることはできますが、貨物と旅客を同時に受験することはできません。受験申請できるのは1種類のみです。

貨物・旅客のどちらを受けるのが良いかというと、需要は旅客よりも貨物の方が多い傾向があります。

運行管理者試験の出題分野

運行管理者試験は、貨物と旅客それぞれ、下に掲げる法令等(法令に基づく命令等を含みます)について行なわれます。

貨物自動車運送事業法(貨物)・道路運送法(旅客)

貨物では貨物自動車運送事業法、旅客では道路運送法に関する問題が出題されます。

道路運送車両法

業務で使用する車両の安全に関わる内容について出題されます。

道路交通法

道路交通法のなかでも、運行管理に関連する部分、特に飲酒運転や過労運転に関する基準について出題される場合が多いです。

労働基準法

労働基準法のうち、運転を伴う労働に関する内容、特に連続運転時間や休憩時間、拘束時間についての問題がよく出題されます。

運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力

運行管理者としての業務に関する内容について出題されます。

貨物試験の分野毎の出題数

  出題分野 出題数
(1) 貨物自動車運送事業法関係 8
(2) 道路運送車両法関係 4
(3) 道路交通法関係 5
(4) 労働基準法関係 6
(5) その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力 7
  合計 30

旅客試験の分野毎の出題数

  出題分野 出題数
(1) 道路運送法関係 8
(2) 道路運送車両法関係 4
(3) 道路交通法関係 5
(4) 労働基準法関係 6
(5) その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力 7
  合計 30

法令等の改正に関する注意事項

法令等の改正があった場合は、法令等の改正施行後6カ月は改正部分を問う問題は出題されません。

「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」の改正について

「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」の改正が2024年(令和6年)4月1日から施行されます。

この改正に関係する運行管理者試験の問題については、下記のとおりとされました。

1.令和5年度第2回運行管理者試験は、改正前の改善基準告示をもとに出題します。
2.令和6年度第1回運行管理者試験は、改正後の改善基準告示をもとに出題します。

運行管理者試験の合格基準(合格点)

運行管理者試験の合格基準(合格点)は貨物・旅客共に、次の①及び②を同時に満たす得点が必要です。

  • ① 原則として、総得点が満点の60%(30問中18問)以上であること。
  • ② 上表の(1)~(4)の出題分野ごとに正解が1問以上であり、(5)については正解が2問以上であること。

運行管理者試験の合格率

直近5回の合格率は、下表のとおりです。

貨物

試験実施年度 受験者数 合格者数 合格率
2023年度(令和5年度)第1回 26,293人 8,805人 33.5%
2022年度(令和4年度)第2回 23,759人 8,209人 34.6%
2022年度(令和4年度)第1回 28,804人 11,051人 38.4%
2021年度(令和3年度)第2回 27,982人 9,028人 32.3%
2021年度(令和3年度)第1回 34,164人 10,164人 29.8%

旅客

試験実施年度 受験者数 合格者数 合格率
2023年度(令和5年度)第1回 5,158人 1,780人 34.5%
2022年度(令和4年度)第2回 4,675人 1,651人 35.3%
2022年度(令和4年度)第1回 5,403人 2,167人 40.1%
2021年度(令和3年度)第2回 5,787人 1,999人 34.5%
2021年度(令和3年度)第1回 6,740人 2,196人 32.6%

さらに過去の合格率についてはこちらをご覧ください。
『運行管理者試験の合格率は?』