運行管理者試験

運送業支援センターは、神奈川県川崎市の行政書士ひらいし事務所が運営しています。
運行管理者試験に関する情報をお伝えします。

スポンサーリンク
運行管理者試験

運行管理者試験 – 2022年度(令和4年度)第2回

運行管理者試験とは、事業用自動車の運行の安全に関する実務経験がない方が運行管理者になる資格を得るための試験です。公益財団法人 運行管理者試験センターが実施しています。1年に2回、8月と3月頃に実施されます。試験には、旅客と貨物の2種類があ...
運行管理者試験

運行管理者試験 – 2022年度(令和4年度)第1回

2022年度(令和4年度)第1回運行管理者試験の合格発表がありました。受験者数・合格者数・合格率は、次のとおりです。貨物:28,804人 11,051人 38.4%、旅客:5,403人 2,167人 40.1%
運行管理者試験

運行管理者試験のCBT試験について

運行管理者試験は、2021年度(令和3年度)の試験からCBT試験に全面的に移行しました。 CBT試験とは CBT試験とは、テストセンターに行って、問題用紙やマークシートを使用せず、パソコンの画面に表示される問題を見てマウス等を用いて解答...
スポンサーリンク
運行管理者試験

運行管理者試験の新規受験申請について

運行管理者試験の受験申請手続きには、次の2つの方法があります。 新規受験申請 再受験申請 ※書面申請(受験申請書による申請)とおまかせ申請は現在は行なわれていません。 運行管理者試験の新規受験申請について ここでは、「...
お知らせ

運行管理者試験の再受験申請について

運行管理者試験の受験申請手続きには、次の2つの方法があります。 新規受験申請 再受験申請 ※書面申請(受験申請書による申請)とおまかせ申請は現在は行なわれていません。 運行管理者試験の再受験申請について ここでは、「2...
運行管理者試験

運行管理者試験の種類と合格基準

運行管理者試験の種類 運行管理者試験には、貨物と旅客の2種類があります。 受験申請できるのは1種類のみです。貨物と旅客を同時に申請することはできません。 貨物と旅客それぞれ、下に掲げる法令等(法令に基づく命令等を含みます)について行なわれま...
運行管理者試験

運行管理者試験の合格率は?

運行管理者試験(貨物)は、数年前までは比較的易しい試験でしたが、だんだん難しくなってきています。
運行管理者試験

運行管理者試験の受験資格について

運行管理者試験を受験するための資格 運行管理者試験を受験するには、次のいずれかに該当することが必要です。 1. 実務経験1年以上 2. 基礎講習修了 3. 基礎講習修了予定 1.実務経験1年以上 試験日の前日において、次のい...
運行管理者試験

運行管理者試験に合格するためのテキスト&問題集

年々難易度がアップしている 運行管理者試験に合格するための勉強方法 運行管理者試験に合格するための勉強方法について、自分自身の経験を踏まえてお話します。 運行管理者試験は年々難易度がアップしてきています。合格点を取るには、しっかりと勉...
運行管理者試験

運行管理者試験に合格するための勉強方法

寝る前の勉強は記憶に残る いつ勉強するのがいいかと言うと、寝る前の勉強がお勧めです。 なぜならば、精神科医の樺沢紫苑氏によると、寝る前の勉強は記憶を最大化するからです。 寝る前に勉強すると、勉強したことが頭に残りやすいといわれ...
スポンサーリンク