準中型自動車免許が新設されます

スポンサーリンク

2017年(平成29年)3月12日から「準中型免許」が新設されます。

準中型免許の対象となるのは、車両総重量3.5トン以上7.5トン未満の自動車(小型トラック)です。

準中型免許新設の目的は、貨物自動車による交通死亡事故を減らすことと若者の雇用を促進するためと言われています。

現行制度

普通自動車中型自動車大型自動車
5トン未満5トン~11トン未満11トン以上
普通免許中型免許大型免許
18歳以上20歳以上
普通免許2年以上保有
21歳以上
普通免許3年以上保有

新制度

普通自動車準中型自動車中型自動車大型自動車
3.5トン未満3.5トン~7.5トン未満7.5トン~11トン未満11トン以上
普通免許準中型免許中型免許大型免許
18歳以上20歳以上
普通免許2年以上保有
21歳以上
普通免許3年以上保有

現行制度の普通免許は、車両総重量5トン未満限定の準中型免許とみなされます。5トン限定を解除するには、次の2つの方法があります。

  1. 指定自動車教習所を卒業する(4時限の技能教習を受けて技能審査に合格する)
  2. 運転免許試験場で限定解除審査に合格する