運行管理業務の基礎知識

運送業支援センターは、神奈川県川崎市の行政書士ひらいし事務所が運営しています。
運行管理業務の基礎知識、運行管理者に必要な知識について解説しています。あなたの運行管理者としての仕事にお役立ていただければ幸いです。

スポンサーリンク
運行管理業務の基礎知識

トラックドライバーの連続運転時間と休憩時間について

トラックドライバーの労働時間のルールとして、連続運転時間が定められています。 連続運転時間とは、1回が連続10分以上かつ合計が30分以上の運転の中断をすることなく連続して運転する時間のことです。 トラックドライバーの連続運転時間...
運行管理業務の基礎知識

貨物運送業の点呼記録簿について

運行管理者は点呼を行なった時は、運転者ごとに点呼の結果及び報告、指示の内容を点呼記録簿に記録しなければなりません。 点呼記録簿の保存期間は1年です。 点呼記録簿への記録事項 乗務前点呼の記録の内容 乗務前点呼の記録しなければなら...
運行管理業務の基礎知識

点呼の際のアルコール検知器使用の義務について

アルコール検知器の義務付け 運送事業者が運転者に対して実施する点呼において、運転者の酒気帯びの有無を確認する際にアルコール検知器を使用すること等が義務化されています。 1.アルコール検知器の備え付け 営業所ごとにアルコール検知器を備え...
スポンサーリンク
運行管理業務の基礎知識

トラック運転者に対する一般的な指導について

貨物自動車運送事業者はトラック運転者に対して指導を行なわなければなりません。その指導には次の2種類があります。 一般的な指導 特定の運転者に対する特別な指導 特定の運転者には、次の3種類があります。 事故惹起...
運行管理業務の基礎知識

トラック運転者の過労運転の防止について

自動車運転者の過労運転等が交通事故の要因となる場合が多いため、事故防止対策の一環として、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」が定められています。 過労運転を防止するには、勤務時間(拘束時間)及び乗務時間(運転時間)を定め、運...
運行管理業務の基礎知識

高齢運転者(貨物)に対する特別な指導について

運行管理者が行なうべき「運転者に対する適切な指導及び監督」の一つに「特定の運転者に対する特別な指導」があります。 特定の運転者には、次の3種類があります。 事故惹起運転者(じこじゃっきうんてんしゃ) 初任運転者 ...
一般貨物運送業の基礎知識

運行管理者補助者について

運送事業者は、営業所ごとに一定数の運行管理者を選任しなければなりません。 運行管理者補助者とは 運行管理者補助者とは、運行管理者を補助する者のことです。 運行管理者が休日なく勤務することは、現実的にはできません。運送事業者は、運行...
運行管理業務の基礎知識

運行指示書について

運行指示書はどのような場合に必要か? 運行指示書は、すべての運行で作成しなければならないわけではありません。 乗務前、乗務後の両方とも対面による点呼を行なうことができない場合、言い換えると2泊3日以上の運行を行なう場合には、その運行...
運行管理業務の基礎知識

特定の運転者(貨物)に対する適性診断について

貨物自動車運送事業者は、特定の運転者に対して適性診断を受けさせなければなりません。 特定の運転者とは、次の運転者を言います。 事故惹起運転者(じこじゃっきうんてんしゃ) 初任運転者 高齢運転者 事故惹起運転...
運行管理業務の基礎知識

初任運転者(貨物)に対する特別な指導について

運行管理者が行なうべき「運転者に対する適切な指導及び監督」の一つに「特定の運転者に対する特別な指導」があります。 特定の運転者には、次の3種類があります。 事故惹起運転者 初任運転者 高齢運転者 初任運転者...
スポンサーリンク