運行管理者一般講習とは

スポンサーリンク

運行管理者一般講習とは

新たに運行管理者に選任された方は、 選任届出をした年度内に基礎講習又は一般講習を受講しなければなりません。

新たに(当該事業者で初めて)運行管理者に選任され、 以前に基礎講習を受講していない方は、選任届出をした年度内に基礎講習の受講が義務付けされました。

運行管理者一般講習は、既に運行管理者として選任されている方又は運行管理者の補助者として運行管理業務をされている方を対象とした講習です。

講習時間は、5時間(1日)で、手数料は、3,200円(税込)です。

自動車運送事業者は、選任している運行管理者に、2年に1度一般講習を受講させなければなりません。これは、法令で義務付けられています。

未受講の場合、次の行政処分を受けることがあります。

初違反再違反
一般講習受講義務違反10日車20日車

講習は、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)の支所や民間企業で受講することができます。

受講を予定している方は早めの予約をお勧めします。

修了証明について(重要)

2015年(平成27年)1月以降に開催される講習では、受講した講習の旅客又は貨物の別を明記して修了証明が行なわれます

旅客(バス、ハイタク)の運行管理者として選任されている方は、貨物(トラック)の講習修了では受講義務のある講習を修了したことになりません。

貨物(ト ラック)の運行管理者として選任されている方は、旅客(バス、ハイタク)の講習修了では受講義務のある講習を修了したことになりません。