「ホワイト物流」推進運動について

「ホワイト物流」推進運動とは

「ホワイト物流」推進運動とは、国土交通省が進めている運動です。

トラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保することや経済の成長に寄与することを目的として、

  • トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化
  • 女性や60代以上の運転者等も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現

に取り組む運動です。

「ホワイト物流」推進運動は、運送会社だけが行なう運動ではなく、荷主企業や納品先企業なども含めた運動です。

企業は、取組方針、法令遵守への配慮、契約内容の明確化・遵守、運送内容の見直し等を内容とする自主行動宣言の提出・公表・実施を通じて、運動に参加することができます。

「ホワイト物流」推進運動に参加すると得られる効果

「ホワイト物流」推進運動に参加すると、次のような効果が期待できます。

  • 業界の商慣行や自社の業務プロセスの見直しによる生産性の向上
  • 物流の効率化による二酸化炭素排出量の削減
  • 事業活動に必要な物流を安定的に確保
    (運転者不足が深刻化する中、トラックの確保が困難なケースが生じています。)
  • 企業の社会的責任(CSR)の遂行 等

また、トラック運転者不足を背景に、運賃・料金「単価」が上昇しており、物流コストや仕入価格の上昇圧力が強まっていますが、物流の効率化に取り組むことにより、運転者不足の影響を軽減 することも可能となります。

<参考>「ホワイト物流」推進運動ポータルサイト
URL:http://white-logistics-movement.jp

スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
運送業支援センター