エコアクション21について

エコアクション21は、環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステム(EMS)です。

「PDCAサイクル」と呼ばれるパフォーマンスを継続的に改善する手法を基礎として、組織や事業者等が環境への取り組みを自主的に行うための方法を定めています。

エコアクション21の特徴

エコアクション21には次のような特徴があります。

  • 中小企業でも取組みやすい
    国際標準化機構のISO14001規格をベースとして、中小企業が取り組みやすい環境経営システムのガイドラインが規定されています。
    この環境経営システムを構築、運用、維持することにより、環境への取組の推進だけでなく、経費の削減や生産性・歩留まりの向上等、経営面でも効果があります。
  • 必要な環境への取り組みを規定
    必ず把握すべき環境負荷の項目として、二酸化炭素排出量、廃棄物排出量及び水使用量が規定されています。
    必ず取り組むべき行動として、省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクル、節水、自らが生産・販売・提供する製品の環境性能の向上及びサービスの改善などが規定されています。
  • 環境コミュニケーションへの取り組みを規定
    環境コミュニケーションとは、会社の環境への取組状況等を公表することをいいます。
    環境経営レポートの作成と公表が必須の要件として規定されています。

エコアクション21に取り組むメリット

エコアクション21に取り組むと、次のようなメリットを受けることができます。

  • 経営面での効果を期待
    経費の削減や生産性・歩留まりの向上、目標管理の徹底等の、経営面での効果もあげることができます
  • 社会からの信頼を獲得
    環境省のガイドラインに基づき、第三者機関の認証を受けることで、社会的な信頼を得ることができます。
    環境経営レポートを作成し、外部に公表することにより、取引先や消費者等からの信頼性が向上します。
  • 金融機関の低利融資制度が受けられる
    銀行などから低金利で融資を受けることができます