スポンサーリンク

エコアクション21を取得するための流れ

エコアクション21は、環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステム(EMS)です。

エコアクション21を取得するための流れ

エコアクション21は、一定期間エコアクション21に取組み、その取組みの結果を環境活動レポートというレポートとして公表してから審査を申し込みます。

エコアクション21を取得するための流れは、概ね次のようなものです。

  1. エコアクション21に取り組む
  2. 環境経営レポートの作成と公表
  3. 審査の申込
  4. 審査
  5. 認証

それぞれについて説明します。

1.エコアクション21に取り組む

エコアクション21の取組をスタートしたら、「環境への負荷の自己チェック表」を用いて環境負荷を把握します。

環境負荷のうち、次の4点については必ず把握しなければなりません。

  1. 二酸化炭素排出量(エネルギー使用量)
  2. 廃棄物排出量
  3. 水使用量
  4. 化学物質使用量

「環境への取組の自己チェック表」を用いて現状を把握します。

2.環境経営レポートの作成と公表

環境経営レポートを作成し、ウェブサイトに掲載するなどの方法で公表します。

環境経営レポートには、次の項目を盛り込みます。

  • 計画の策定(Plan)
    (1) 組織の概要(事業者名,所在地,事業の概要,事業規模など)
    (2) 対象範囲(認証・登録範囲),レポートの対象期間及び発行日
    (3) 環境経営方針
    (4) 環境経営目標
    (5) 環境経営計画
  • 計画の実施(Do)
    (6) 環境経営計画に基づき実施した取組内容(実施体制を含む)
  • 取組状況の確認及び評価(Check)
    (7) 環境経営目標及び環境経営計画の実績・取組結果とその評価(実績には二酸
    化炭素排出量を含む),並びに次年度の環境経営目標及び環境経営計画
    (8) 環境関連法規などの遵守状況の確認及び評価の結果,並びに違反,訴訟な
    どの有無
  • 全体の評価と見直し(Act)
    (9) 代表者による全体の評価と見直し・指示

3.審査の申込

審査申込書と環境経営レポートを最寄りの地域事務局に郵送します。

4.審査

審査員による、登録審査(書類審査、現地審査)が実施されます。

5.認証

審査結果が判定委員会で「ガイドラインに適合」していると認められると、認証を取得することができます。
認証を取得したら、認証費用・登録料を納付します。