グリーン経営認証基準 - エンジンオイル関連

このページでは、トラック運送事業におけるグリーン経営の認証基準について解説しています。

グリーン経営認証基準は、グリーン経営認証を取得するときに必須の取組項目です。
認証基準は全部で36項目あります。
グリーン経営認証を取得するためには、認証基準の36項目の取組ができていることが必要です。

エンジンオイル関連

認証基準

・エンジンオイルの交換にあたっては、走行距離、または使用期間について独自の基準を設定し、実施している。
・エンジンオイルフィルタの交換にあたっては、走行距離、または使用期間について独自の基準を設定し、実施している。

取組のポイント

1.オイルやオイルフィルタの交換は、トラックに備え付けの取扱説明書(点検整備の項)を参考にし、車両の使われ方(標準的な使われ方か、シビアコンディションといわれる厳しい使われ方か)やオイルの種類(CF-4 やDH-2 等)などを考慮して独自の基準を定めて実施します。
2.交換基準は、走行距離または使用期間、あるいはその両方で決めます。
3.交換基準を文書化し、基準どおり実施し、記録を保管します。

審査での確認ポイント

1.エンジンオイルやオイルフィルタの交換の基準(書)を距離または期間などで定めているかを確認します。
2.基準どおりに実施しているかを過去直近2回分の記録で確認します。
3.基準を定めた書類や記録の形式や書式は問いません。
4.エンジンオイルやオイルフィルタの交換は、設定した基準を、運行の事情等で一部の車両が少々オーバーしてもかまいません。審査での基準超過許容範囲の目安は、当該車両1日の平均走行距離の5日分です。事業所の車両全体が、概ね基準を守り実施していれば大丈夫です。

<審査で確認する書類の例>

・独自の基準を設定し、エンジンオイルの交換を実施していることを示す下記の書類

  • 基準を定めた書類
  • 点検・整備の記録または納品書・請求書

・独自の基準を設定し、エンジンオイルフィルタの交換を実施していることを示す下記書類

  • 基準を定めた書類
  • 点検・整備の記録または納品書・請求書

<過去の審査であった不適合例>

  • 基準を定めた書類がない。
  • 交換の記録がない。