軽貨物運送業とは

軽貨物運送業とは

軽貨物運送業とは、「軽トラックを使用して、有償で荷主の荷物を運送する事業」です。正式には貨物軽自動車運送事業といいます。

比較的小さな荷物の運送依頼を受け、運賃を受け取る場合は全てこの事業にあたります。

軽貨物運送業を始めるには運輸支局への届出が必要です。この届出は、営業所を置く都道府県の運輸支局へ提出します。

軽貨物運送業を始めるための要件

軽貨物運送業を始めるためには、次の要件を満たしている必要があります。

  • 軽車両を確保していること
    新車・中古車のいずれでも構いません。乗用車は不可です。
  • 営業所・駐車場(車庫)、休憩施設等を確保していること
    駐車場(車庫)は、原則として営業所に併設していることが必要です。併設できない場合、営業所から2キロ以内ならOKです。
  • 運行管理体制を定めていること
  • 車両の自賠責保険・任意保険に加入していること

軽貨物運送業を始めるための要件については、こちらをご覧ください。