東京しごと財団の事業継続緊急対策(テレワーク)助成金

事業継続緊急対策(テレワーク)助成金は、新型コロナウイルス感染症等の拡大防止および緊急時における企業の事業継続対策として、テレワークを導入する都内の中堅・中小企業等に対して、その導入に必要な機器やソフトウェア等の経費を助成するというものです。

助成対象事業者の主な要件:

  • 常時雇用する労働者が2名以上999名以下で、東京都内の中堅・中小企業等
  • 東京都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」に参加していること など
2020TDM推進プロジェクトとは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会時の交通混雑緩和を目指すプロジェクトです。
多くの運送会社が参加しています。

助成金上限額:

  • 250万円(助成率:10/10)

助成対象経費:

  • 機器等の購入費(例:パソコン、タブレット、VPNルーター)
  • 機器の設置・設定費 (例:VPNルーター等機器の設置・設定作業費)
  • 保守委託等の業務委託料(例:機器の保守費用)
  • 導入機器等の導入時運用サポート費 (例:導入機器等の操作説明マニュアル作成費)
  • 機器のリース料(例:パソコン等リース料金)
  • クラウドサービス等ツール利用料(例:コミュニケーションツール使用料)

※助成対象の機器等には指定があります。

申請受付期間:

  • 2020年(令和2年)5月12日まで(締切日必着)

詳細は東京しごと財団のホームページをご覧ください。