運送会社におすすめ「はたらくクルマの自動車保険」

特殊車両とは

特殊車両とは?

特殊車両とは、車両の構造が特殊な車両、あるいは輸送する貨物が特殊な車両で、幅、長さ、高さおよび総重量のいずれかが下記の一般的制限値を超えたり、橋、高架の道路、トンネル等で幅、長さ、高さ及び総重量のいずれかが制限値を超える車両のことを言います。

特殊車両を分かりやすく言うと

特殊車両とは、荷物を積んだ状態で下記の数値(一般的制限値)を超える車両のことです。

特殊車両とは

一般的制限値については、こちらをご覧ください。
一般的制限値について

特殊車両が道路を通行するには道路管理者に通行許可を取らなければなりません。この通行許可を特殊車両通行許可と言います。

構造が特殊な車両

構造が特殊な車両には、トラッククレーン等自走式建設機械、トレーラ連結車の特例5車種(バン型、タンク型、幌枠型、コンテナ用、自動車の運搬用)などがあります。

その他に追加3車種(あおり型、スタンション型、船底型)などがあります。

さらに新規格車も「構造が特殊な車両」に含まれます。

構造が特殊な車両の例

トラッククレーン

トラッククレーン

特例5車種

特例5車種とは、バン型、タンク型、幌枠型、コンテナ用、自動車の運搬用のセミトレーラです。

バン型セミトレーラ

バン型セミトレーラ

タンク型セミトレーラ

タンク型セミトレーラ

幌枠型セミトレーラ

幌枠型セミトレーラ

コンテナ用セミトレーラ

コンテナ用セミトレーラ

自動車運搬用セミトレーラ

自動車運搬用セミトレーラ

 

追加3車種

追加3車種はあおり型、スタンション型、船底型のセミトレーラです。

あおり型セミトレーラ

あおり型セミトレーラ

スタンション型セミトレーラ

スタンション型セミトレーラ

船底型セミトレーラ(タイプ1)

船底型セミトレーラ(タイプ1)

船底型セミトレーラ(タイプ2)

船底型セミトレーラ(タイプ2)

新規格車

新規格車とは、車両の総重量が下表の制限値を満たす車両をいいます。総重量以外の制限値は、一般的制限値と同じです。

新規格車は、高速道路や重さ指定道路を自由に通行することができます。その他の道路を通行する場合は、特殊な車両として取り扱われ、通行許可または通行可能経路の確認の回答が必要です。

車種 最遠軸距 長さ 総重量の制限値
特例5車種 8m以上9m未満 24トン超25トン以下
9m以上10m未満 25.5トン超26トン以下
単車
特例5車種を
除く連結車
5.5m未満 20トン以下
5.5m以上7m未満 9m以上 22トン以下
9m未満 20トン以下
7m以上 11m以上 25トン以下
9m以上11m未満 22トン以下
9m未満 20トン以下

※単車とは、連結されておらず、自走できる車両をいいます。トラック、 建設機械等です。

※連結車とは、けん引車(トラクタ)と被けん引車(トレーラ)とが連結された状態の車両をいいます。セミトレーラ、フルトレーラ 等です。

貨物が特殊な車両

特殊な貨物とは、分割不可能のため、一般的制限値のいずれかを超える建設機械、大型発電機、電車の車体、電柱などをいいます。

特殊な貨物を輸送する車両の例

輸送する貨物が特殊な車両には、次のようなものがあります。

海上コンテナ用セミトレーラ

海上コンテナ用セミトレーラ

重量物運搬用セミトレーラ

重量物運搬用セミトレーラ

ポールトレーラ

ポールトレーラ

(出典は国土交通省資料)

特殊車両通行許可に役立つ本の紹介

「高速道路で捕まってしまって・・・」「特車違反点数が累積して、もう後がない」と特殊車両にかかわる多くの事業者の方の悲鳴に近い声が多くなっています。

実際に取締りを受けて初めて、「それが違反になるなんて知らなかった」「ずっと知らずに運行していた」という声がある現実もあります。

特殊車両通行許可に役立つ本を紹介します。

特殊車両通行許可のことがよくわかる本

『特殊車両通行許可のことがよくわかる本』では、事業者として特殊車両を運用していく上で、押さえておかなければならない点を抽出し、わかりやすく解説しています。

運行管理者・特車担当者にオススメの1冊です。

『特殊車両通行許可のことがよくわかる本』の内容

第1章 特殊車両って何だろう?
第2章 特殊車両通行許可制度
第3章 知っておきたい! 許可制度における注意点
第4章 車種区分別の特殊車両通行許可の注意点
第5章 特殊車両通行許可申請の実際
第6章 許可証の見方と注意点
第7章 もし、違反したらどうなるのか

行政書士のための特殊車両通行許可申請の説明書

制度概要・オンライン申請の方法からクライアント・役所対応まで、ポイントを絞って解説。最新改正情報やマル秘テクニックも掲載。

本のタイトルに『行政書士のための』とあるように行政書士向けの本ですが、わかりやすく丁寧な解説で企業の運行管理者、特車担当者にもオススメの1冊です。

『行政書士のための特殊車両通行許可申請の説明書』の内容

第1章 特殊車両通行許可申請とは
第2章 申請実務
第3章 申請後の対応
第4章 最新の制度・法令改正
第5章 申請における車種別注意点
第6章 特車許可違反した場合のデメリット
第7章 特車申請マル秘テクニック

運送業支援センター
運送業支援センター

運営:行政書士ひらいし事務所
運送業支援専門の行政書士事務所です。
運送業許可のサポートをはじめとして、運送業の変更手続きや介護タクシーの許可などのサポートも行なっています。
【対応地域】神奈川県川崎市および近隣地域
【保有資格】行政書士、運行管理者

特殊車両の通行許可