輸送の安全に関する自主的、積極的、独創的、先進的又は高度な取り組みを実施していること

「その他輸送の安全に関する自主的、積極的、独創的、先進的又は高度な取り組みを実施していること」は、Gマークの認定を受けるための評価項目「Ⅲ.安全性に対する取組の積極性」の項目のひとつです。配点は1点です。

「Ⅲ.安全性に対する取組の積極性」の他の項目以外の取り組みについて評価されます。

判断基準

基準日現在における輸送の安全に関する取り組みの自主性、積極性、独創性、先進性について確認されれば加点の対象となります。

添付資料

添付資料は、次の①、②です。

① 自認事項に係るチェックリスト

② 具体的な取組状況が判別可能な資料(資料の形式は不問)

具体的な内容

【主な事例】
○ ABS(装着義務付け車両を除く)、ASR 等の予防安全技術を採用した車両の導入
○ 車間距離制御機能付定速走行装置、車線逸脱警報装置、居眠り警報装置等のASV 技術を採用した車両の導入
○ リアルタイムGPS 運行管理システムなどの先進的運行管理システムの導入
○ ドライブレコーダ、バックアイカメラなどの先進的な補助装置の導入
○ 自社内指導員によるパトロール指導の実施
○ 自社内独自の無事故運転者表彰制度の確立
○ 運転者の健康状態や疲労状態の把握等に効果が高い取組(脳検査の受診、携帯型心電計の導入、SAS 検査の受診等)の実施

下記事例の場合、添付資料である「具体的な取組状況が判別可能な資料」とは次の資料を指します。
○ 各種装置や機器等による場合
① 機器類の機能や性能が分かる資料(機器類のカタログ等)の写し(コピー)
② 導入状況が確認できる当該営業所の保有車両1台分のa~c資料
a.設置状況の写真
b.設置車両のナンバーの写真(cと照合するため読み取り可能な写真を添付して下さい)
c.設置車両の車検証の写し(コピー) ※ 基準日現在において有効な車検証
※ リアルタイムGPS 運行管理システムの場合は、上記b~cに該当する車両をリアルタイムで運行管理している状況が分かるパソコン画面の写真も添付して下さい。
○ 自社内指導員によるパトロール指導の実施の場合
① パトロール指導の内容が分かる資料の写し(コピー)
② 直近の実施状況が確認できる資料(指導報告書の写し(コピー)等)
○ 自社内独自の無事故運転者表彰制度の場合
① 制度要綱など表彰制度の内容が分かる資料の写し(コピー)
② 直近の実施状況(表彰結果)が確認できる資料の写し(コピー)
・自店(営業所)における実績がない場合は、他店における実績の資料で可