輸送の安全に関する基本的な方針を策定していること

「 輸送の安全に関する基本的な方針を策定していること」は、Gマークの認定を受けるための評価項目「Ⅰ.安全性に対する法令の遵守状況」の「運輸安全マネジメントに対する取組状況」についての評価項目の4つのうちのひとつです。配点は、評価項目4つすべて満たして3点です。

次の2点が評価されます。

  1. 社長(経営トップ)の強いリーダーシップのもと、輸送の安全が第一であるという理念に基づいた安全方針が策定されていること
  2. 日常業務の中で絶えず輸送の安全性の向上を図るなど、当該営業所の従業員全員に対して積極的かつ能動的な周知の徹底が図られていること

判断基準

基準日における輸送の安全に関する方針(安全方針)が策定されている状況が確認できればOKです。

添付資料

添付資料は、次の①、②です。

① 自認事項に係るチェックリスト(安全マネジメント書式)

② 輸送の安全に関する方針(安全方針)を確認できる資料のコピー

添付資料に関する注意事項

  • 必ず資料No.を付けること。資料No. が付けられていない場合には、加点の対象とされません。
  • 書類は全てA4サイズに統一すること。

具体的内容

以下のような内容を踏まえた方針が策定されているかが確認されます。

  • 社長(経営トップ)が、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、主導的な役割を果たしていること
  • 社員に対し、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させていること
  • 運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行すること
  • 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表すること

安全方針の具体例

  • 輸送の安全は我が社の根幹
  • 安全は最大の顧客満足
  • 安全は業務の基本動作