輸送の安全に関する計画を作成していること

「輸送の安全に関する計画を作成していること」は、Gマークの認定を受けるための評価項目「Ⅰ.安全性に対する法令の遵守状況」の「運輸安全マネジメントに対する取組状況」についての評価項目の4つのうちのひとつです。配点は、評価項目4つすべて満たして3点です。

輸送の安全に関する目標を達成するため、自社の人材、車両、事故の状況、現場の声や過去の計画の実施状況を勘案し、現状の問題点を把握すること等により、輸送の安全を確保するために必要な具体的かつ効果的な計画を作成しているかが評価されます。

判断基準

基準日における輸送の安全に関する計画が作成されている状況が確認できれば可とされます。

添付資料

添付資料は、次の①、②です。

① 自認事項に係るチェックリスト(安全マネジメント書式)

② 輸送の安全に関する計画を確認できる資料のコピー

添付資料に関する注意事項

  • 計画の具体的内容が判別できること。判別できない場合には、評価されません。
  • 必ず資料No.を付けること。資料No. が付けられていない場合には、加点の対象とされません。
  • 書類は全てA4サイズに統一すること。

具体的内容

自認項目2の目標を達成するための計画が作成されているかが確認されます。自認項目2の目標とは、「輸送の安全に関する目標」のことです。

【具体例】

計画の内容が不明なものは加点の対象とされません。

  • 運転者に対する安全に関する教育の実施計画
  • ドライブレコーダ等安全性に配慮した車両等の導入計画
  • 安全管理委員会の開催計画
  • 輸送の安全推進に係る行事計画
  • ヒヤリハット情報の報告会実施計画
  • 外部講習の受講計画