トラックやバスの睡眠不足のドライバーは乗務禁止に

2018年6月1日から、トラックやバスの運転手は睡眠不足の場合は乗務できなくなります。

貨物自動車運送事業輸送安全規則などが一部改正されます。乗務前の点呼の時に、睡眠不足でないかどうかの確認・報告が必要となります。

居眠り運転による事故を防止することが主な目的です。

改正の概要

  1. 「旅客自動車運送事業運輸規則」及び「貨物自動車運送事業輸送安全規則」の一部改正
    ・事業者が乗務員を乗務させてはならない事由等として、睡眠不足が追加
    ・事業者が乗務員の乗務前等に行う点呼において、報告を求め、確認を行う事項として、睡眠不足により安全な運転をすることができないおそれの有無が追加
    ・運転者が遵守すべき事項として、睡眠不足により安全な運転をすることができない等のおそれがあるときは、その旨を事業者に申し出ることが追加
  2. 「旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用について」及び「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」の一部改正
    点呼時の記録事項として、睡眠不足の状況が追加

詳細は、国土交通省のホームページ(『報道発表資料:睡眠不足に起因する事故の防止対策を強化します!! – 国土交通省』)をご覧ください。