大型車誘導区間について

大型車誘導区間とは

大型車誘導区間とは、大型車両の通行を望ましい経路へ誘導するために指定された道路の区間のことをいいます。

適正な道路利用を促進し、道路の老朽化への対応を進めることが目的とされています。

大型車誘導区間と特殊車両通行許可

特殊車両通行許可手続きに関しては、大型車誘導区間のみを通行する場合、許可までの期間が3日程度に短縮されます。

国が一元的に許可のための審査を行ないます。個別の道路管理者への協議が不要です。

特殊車両通行許可の手数料は、大型車誘導区間のみを通行する場合、160 円(1経路)です。

大型車誘導区間として指定されている道路

大型車誘導区間として指定されているのは次のような道路です。

  • 高速道路や直轄国道(国が管理する国道)
    ※都心部の区間やバイパス整備後の直轄国道の区間等を除きます
  • 主要港湾・空港・鉄道貨物駅を結ぶ地方管理道路等
大型車誘導区間のイメージ

大型車誘導区間のイメージ

(出典:国土交通省資料)