業務支援用ETC2.0 車載器について

ETC2.0とは

ETC2.0では、通行料金の支払いだけではなく、次のようなサービスを受けることができます。

  • 渋滞回避支援や安全運転支援等の運転支援サービス
  • ITSスポットを通して集約される経路情報を活用したサービス

ETC2.0を利用するには、ETC2.0に対応した「ETC2.0車載器」が必要です。

業務支援用ETC2.0 車載器とは

ETC2.0車載器には、業務支援用と一般用があります。

業務支援用ETC2.0車載器は、運行管理支援などの物流サービス等に対応した特殊用途用GPS付き発話型車載器のことをいいます。

特殊車両通行許可の簡素化制度(特車ゴールド制度)を利用するには、車両に業務支援用ETC2.0車載器を装着する必要があります。

経路情報を活用したサービスとは

経路情報を活用したサービスには、次のようなものがあります。

  • 一時退出・再進入時の料金調整
    対象の道の駅に立ち寄るために高速道路を一時退出した場合でも、料金が高速道路を降りずに利用した場合と同じになるように調整されます。
  • 圏央道利用についての割引
    圏央道(新湘南バイパスを含む)の環状道路を利用した場合、ETC2.0搭載車は割引を受けることができます。