整備管理者になるには

整備管理者とは

整備管理者とは、道路運送車両法などの法律に基づき、使用者に代わって自動車の点検及び整備並びに自動車車庫の管理に関する事項を処理する者をいいます。

整備管理者になるための資格

整備管理者になるためには、次のいずれかの資格要件を満たすことが必要です。

1.整備の管理を行おうとする自動車と同種類の自動車の点検若しくは整備又は整備の管理に関する2年以上の実務経験を有し、かつ、地方運輸局長が行う研修を修了した者であること

  • 「整備の管理を行おうとする自動車と同種類の自動車」とは、
    • 2輪自動車以外と2輪自動車の2種類です。
  • 「点検又は整備に関する実務経験」とは、以下のものをいいます。
    • 整備工場などで整備要員として点検・整備業務を行なった経験
    • 自動車運送事業者の整備実施担当者として点検・整備業務を行なった経験
  • 「整備の管理に関する実務経験」とは、以下のものをいいます。
    • 整備管理者の経験
    • 整備管理者の補助者(代務者)として車両管理業務を行った経験
    • 整備責任者として車両管理業務を行った経験
  • 「地方運輸局長の行う研修を修了した者」とは、運輸支局毎に実施している「整備管理者選任前研修」を受講・修了した方をいいます。

2.一級、二級または三級の自動車整備士技能検定に合格した者であること

資格要件1の”実務経験”について

  • 「整備の管理を行おうとする自動車と同種類の自動車」とは、
    • 2輪自動車以外と2輪自動車の2種類です。
  • 「点検又は整備に関する実務経験」とは、以下のものをいいます。
    • 整備工場などで整備要員として点検・整備業務を行なった経験
    • 自動車運送事業者の整備実施担当者として点検・整備業務を行なった経験
  • 「整備の管理に関する実務経験」とは、以下のものをいいます。
    • 整備管理者の経験
    • 整備管理者の補助者(代務者)として車両管理業務を行った経験
    • 整備責任者として車両管理業務を行った経験

資格要件1の”地方運輸局長が行う研修を修了した者”について

  • 「地方運輸局長の行う研修を修了した者」とは、運輸支局毎に実施している「整備管理者選任前研修」を受講・修了した方をいいます。

整備管理者選任前研修について

資格要件2の自動車整備士技能検定の合格者は、選任前研修を受講する必要はありません。

自動車整備士技能検定とは

自動車整備士の国家資格を取得するための技能検定試験のことで、学科試験(一級の場合は筆記及び口述試験)と実技試験があります。