グリーン経営の認証基準- 環境方針

このページでは、トラック運送事業におけるグリーン経営の認証基準のひとつである「環境方針」について解説しています。

グリーン経営認証基準は、グリーン経営認証を取得するときに必須の取組項目です。
認証基準は全部で36項目あります。
グリーン経営認証を取得するためには、認証基準の36項目の取組ができていることが必要です。

グリーン経営認証の取得は、Gマークの認定を受けるための評価項目のひとつです。

環境方針

「環境方針」は、大項目「環境保全のための仕組み・体制の整備」の認証基準のひとつです。

環境方針は、自社の環境保全に対する取組の方針が明示されていればその内容はどのようなものでも構いません。

環境に関わる法規制を守ることを明確にしたうえで、自社の体制に合った取組を盛り込む場合が一般的です。

認証基準

会社、事業所等の環境保全への取組を示す環境方針を策定しており、環境方針には法規制の遵守など基本的な取組が示されている。

取組のポイント

1.会社が環境保全活動に取り組むことを明確にします。
2.環境に関する法規制を遵守することを盛り込みます。
3.会社としてどんな環境保全活動に取り組むのかを具体的に書きます。
4.環境方針を定めた年月日及び環境方針を決めた人(経営者、事業所長など)を明記します。

審査での確認ポイント

1.経営層によって環境保全への基本的な取組を示した環境方針(文書)が作成されているか
2.法規制の遵守が明示されているか
が確認されます。

審査で確認する書類の例

  • 環境方針または経営方針
    環境方針が最高経営層によって文書化され、かつ法規制の遵守が盛り込まれていなければなりません。