特車ゴールド制度(特殊車両通行許可簡素化制度)について

特車ゴールド制度とは、ETC2.0装着車への特車通行許可を簡素化する制度です。

2016年(平成28年)1月25日から開始しました。

特車ゴールド制度の概要

業務支援用ETC2.0車載器を装着した特殊車両が大型車誘導区間を走行する場合、通行経路は自由に選択を可能とするとともに、法に違反した通行が無い事業者については、許可更新時の手続きを従来に比べて簡素化するというものです。

通常の許可では、許可された個別の経路のみ通行できます。この場合は、一本一本の経路ごとに大量の許可が必要ですし、定期的に更新手続きが必要です。

通常許可

通常の特車許可

(国土交通省資料より引用)

特車ゴールド許可では、国が指定した大型車誘導区間を走行する場合、輸送経路は自由に選択可能となります。

渋滞や事故、災害時に迂回ができ、輸送を効率化することができます。

複数経路をまとめて1つの申請に簡素化することができますし、更新手続きも簡素化することができます。

特車ゴールド

特車ゴールドによる許可

(出典:国土交通省資料より引用)

特車ゴールド制度を利用するには、業務支援用ETC2.0 車載器をセットアップ・装着した車両の登録と特車ゴールド制度の利用登録が必要です。

特車ゴールドの申請はオンラインからのみできます。窓口では申請できません。

特車ゴールドの対象車両

特車ゴールド許可の対象となるのは、大型車誘導区間申請に適合する車両、かつ業務支援用ETC2.0車載器を装着した車両です。

大型車誘導区間申請に適合する車両とは、車両の通行の許可の手続き等を定める省令第7条の車両諸元等に適合する車両をいいます。

業務支援用ETC2.0車載器とは、運行管理支援などの物流サービス等に対応した特殊用途用GPS付き発話型車載器のことをいいます。