アンケートでHP Dragonfly G4が当たる!

トラック運転者に係る改善基準告示の改正について

スポンサーリンク

本ページにはプロモーションが含まれています

2024年(令和6年)4月からトラック運転者の労働時間等の基準が改正されます。

トラック運転者の改善基準告示の改正の概要

拘束時間や勤務間インターバルの基準などが見直され、トラック運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)が2022年(令和4年)12月23日に改正されました。

新しい基準は2024年(令和6年)4月1日から適用されます。

改善基準告示の改正の主な内容は、以下の通りです。

1日の休息時間

検討段階から注目されていたのが、一日の休息期間、すなわち勤務間インターバルです。

勤務間インターバル制度とは

勤務間インターバル制度とは、終業時刻から次の始業時刻の間に、一定時間以上の休息時間(インターバル時間)を設けることで、従業員の生活時間や睡眠時間を確保しようとするものです。

(参考:厚生労働省『働き方・休み方改善ポータルサイト』

これについては、トラック運転者に限らず、タクシー・ハイヤー運転者、バス運転者についても、次のように改正されました。

改正前

継続8時間(勤務終了後、継続8時間以上の休息期間を与えること)

改正後

継続11時間を基本として、継続9時間(勤務終了後、継続11時間以上の休息期間を与えるよう努めることを基本とし、休息期間が継続9時間を下回らないものとすること)

1カ月の拘束時間

改正前(月換算)

原則:293時間
最大:320時間

改正後

原則:284時間
最大:310時間

1年の拘束時間(年換算)

改正前

3,516時間

改正後

原則:3,300時間
最大:3,400時間

1日の拘束時間

13時間以内(上限15時間、14時間超は週2回までが目安)

運転時間

2日平均1日:9時間以内
2週平均1週:44時間以内

連続運転時間

4時間以内
運転の中断時には、原則として休憩を与える(1回おおむね連続10分以上、合計30分以上}
10分未満の運転の中断は、3回以上連続しない

労働基準法の時間外労働の上限

自動車運転の業務(ドライバー)については、令和6年4月から労働基準法の時間外労働の上限(年960時間)も適用されます。

厚生労働省のリーフレット

出典:厚生労働省リーフレット『トラック運転者の改善基準告示が改正されます!』

厚生労働省のホームページから、この改正内容を説明したリーフレットをダウンロードすることができます。

厚生労働省『自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)』

改善基準告示改正への準備はできていますか?

運送業ドライバーの労働条件が定められている改善基準告示(自動車運転者の労働時間等の改善のための基準)の改正が2024年4月から適用されます。

2023年4月からは中小企業の60時間超労働時間の割増賃金率の猶予期間終了、2024年4月から960時間の上限規制適用もあります。

いつ対策しますか?今でしょ!

トラック運送業の労働時間管理と賃金制度の見直しポイント

改善基準告示他の法改正内容やその改正を受けて、運送業者ができる対策についてを解説したDVDです。

今回の法改正が運送業への与える影響、その対策としてトラック運送業社が労働時間管理と賃金制度の見直しなど、どのように取り組めばよいのかについて、200社以上の運送会社のサポートをしてきた講師陣が具体的な例を用いて、分かりやすく解説しています。

[目次]
第1章 改善基準告示とは?
第2章 改善基準告示の改正点とは?
第3章 運送業界に関係するその他の法改正は?
第4章 運送業界に求められる時間管理と対策は?
 ① 『労働時間管理』のポイント
 ② 『賃金制度』の見直しポイント

著者 :岡本 重信、山下 智美
出版社:日本法令
発売日:2023/5/2

Amazonでチェックする

 

トラック運送業の労務管理Q&A

運送業界出身の社労士で運送業に特化した講師が、よくある質問を厳選し、トラック運送業の労務管理をQ&A方式で解説したDVDです。

難しい言葉は使用せず具体例を交えて労務管理の基本について説明しています。

労務管理に関連する書式も収録していますので、すぐに活用することができます。

[主な目次]
A.2024年問題 
B.トラック運送業の労働時間の法律・改善基準告示など
C.長距離輸送について
D.時間外労働の上限規制と36協定
E.労働時間などについて
F.賃金等
G.有給休暇
H.労働基準監督署の監督と運輸支局の監査について

著者 :石原 清美
出版社:日本法令
発売日:2023/5/12

Amazonでチェックする

 

中小企業のためのトラック運送業の時間外労働削減の実務

トラック運送事業の時間外労働削減について、効果的な労働時間短縮策についてわかりやすく解説した書籍です。
なので、対応すべきポイントが理解できます。

荷主の理解・協力を得るための具体的な手法と進め方がわかります。

トラック運送業でよくある質問・相談とそれに対する回答を掲載。

著者が携わった労働時間短縮等の事例をはじめ労働時間管理に関する事例を実際の長距離輸送の時間カウントも交えて解説しています。

著者 :石原 清美
出版社:第一法規
発売日:2022/12/6

Amazonでチェックする