スポンサーリンク

グリーン経営を進めるために取り組むべき活動について

このページでは、トラック運送事業におけるグリーン経営認証について解説しています。

グリーン経営認証を受けるには、交通エコロジー・モビリティー財団が定めた「トラック運送事業者がグリーン経営を進めるために取り組むべき6項目」に取り組まなければいけません。

トラック運送事業者がグリーン経営を進めるために取り組むべき6項目

「トラック運送事業者がグリーン経営を進めるために取り組むべき6項目」とは、次の通りです。

  1. 環境保全のための仕組み・体制の整備
  2. エコドライブの実施
  3. 低公害車の導入
  4. 自動車の点検・整備
  5. 廃車・廃棄物の排出抑制、適正処理およびリサイクルの推進
  6. 管理部門(事務所)における環境保全の推進

それぞれについて簡単に説明します。

1.環境保全のための仕組み・体制の整備

企業が環境保全の取組を一体となって進めるためには、まず、環境に関する方針を明確に示したうえで、責任者を決め、従業員教育を進めるなどの計画的な取組が必要です。

そのための体制を整えます。

2.エコドライブの実施

運輸業に期待されているCO2 や自動車排出ガスの削減対策を進めるうえで効果的、かつ不可欠な取組です。経営と環境対策の両立を図るという観点からも重要な取組です。

3.低公害車の導入

低公害車の導入は、CO2 や大気汚染物質の排出削減などについて、大きな環境改善効果が得られます。

国土交通省、環境省、経済産業省が定めた「低公害車開発普及アクションプラン」の趣旨を踏まえ、運輸業界でも率先して取り組むことが必要です。

低公害車とは下記の自動車のことを言います。
これらは、「低公害車開発普及アクションプラン」で定められています。

  • 天然ガス自動車
  • 電気自動車
  • ハイブリッド自動車
  • 低燃費かつ低排出ガス認定車

4.自動車の点検・整備

運輸業に期待されているCO2 や自動車排出ガスの削減対策を進めるうえで効果的、かつ不可欠な取組です。

経営と環境対策の両立を図るという観点からも重要な取組です。

5.廃車・廃棄物の排出抑制、適正処理およびリサイクルの推進

車両の使用に伴う環境保全対策だけでなく、廃棄物の不法投棄の防止やリサイクルの推進も運輸業にとって重要な取組です。

6.管理部門(事務所)における環境保全の推進

運輸業において車両の使用による環境負荷の割合が大きく占めます。管理部門(事務所)における環境保全活動も環境経営の重要な要素です。