グリーン経営認証基準 - エコドライブのための実施体制①

このページでは、トラック運送事業におけるグリーン経営認証基準について解説しています。

グリーン経営認証基準は、グリーン経営認証を取得するときに必須の取組項目です。
認証基準は全部で36項目あります。
グリーン経営認証を取得するためには、認証基準の36項目の取組ができていることが必要です。

エコドライブのための実施体制①

エコドライブを推進するため、エコドライブについての推進責任者を定めます。
ドライバーと日頃から接している運行管理者等をエコドライブ推進責任者に選任するとよいでしょう。

認証基準

エコドライブを推進するための責任者を定めている。

取組のポイント

1.エコドライブを推進するための責任者を決めます。
2.一般的には運行管理者が適任でしょう。会社(事業所)の規模や状況によっては、営業所
長や社長などが兼任してもかまいません。
3.責任者を決めたら従業員に文書で知らせます。

 審査での確認ポイント

1.責任者が決められていることを確認します。
2.決められた責任者が誰かが分かる書類の種類や書式などは問いません。

審査で確認する書類の例

責任者が特定されていることを示す下記のいずれかのものが必要です。

  • 社内通達文書、社内報または掲示物
  • その他文書化されたもの