初夏割キャンペーン開催中【日本HP】

燃料電池トラック実装補助金(東京都)について

東京都では、燃料電池小型トラック及び燃料電池大型トラックの導入について、導入費及び燃料費に対する補助を実施しています。

東京都の燃料電池トラック実装支援事業とは、水素エネルギーが活用された水素社会の早期実現に向けて事業用の燃料電池トラックの普及を促進するために燃料電池トラックを導入するにあたり、その経費の一部を助成するというものです。 

令和6年度受付期限:2025年(令和7年)3月31日(月)17:00

東京都の燃料電池トラック実装補助金の概要

助成対象者

  • 民間企業
  • リース事業者
  • 東京都と集中導入支援事業の実施に係る協定書を結んだ区市町村
  • 独立行政法人
  • 一般社団法人及び一般財団法人
  • 公益社団法人及び公益財団法人
  • 法律により直接設立された法人
  • その他東京都知事が認めるもの

助成対象の要件

・初度登録日が令和6年4月1日から令和13年3月31日までの間の新車
・自動車検査証における使用の本拠の位置の住所が東京都内であること
・国等の補助金の交付を申請していること(例外規定あり)

助成対象経費

助成対象トラックの車両本体価格(リースの場合は、リース契約に含まれる助成対象トラックの車両本体価格)

助成額

●FCトラック

助成対象経費から助成対象経費に3分の2をかけた額及び助成対象トラックと積載量、全長等の使用が同等である原動機関を用いた自動車(ディーゼルトラック)の車両本体価格を差し引いた額(小型:上限1,300万円、大型5,600万円)

●燃料電池ごみ収集車

➀水素ステーションの整備または誘致を図り、燃料電池ごみ収集車を10台以上導入する場合

 助成対象経費に4/5をかけた額から国補助等を差し引いた額

 ※別途規定あり

➁燃料電池ごみ収集車を5台以上導入する場合

 助成対象経費に3/4をかけた額から国補助等を差し引いた額

申請方法

オンライン申請

交付申請受付期限

令和6年度受付期限 2025年(令和7年)3月31日(月)17:00まで

詳細は、クール・ネット東京のホームページをご覧ください。
クール・ネット東京『燃料電池トラック実装支援事業』