スポンサーリンク

自動車運送事業の運行管理者の役割とは

運行管理者は事業用自動車の運行の安全を管理する

運行管理者とは、道路運送法及び貨物自動車運送事業法に基づき、事業用自動車の運行の安全を確保するための業務を行なう者をいいます。

自動車運送事業者は、営業所ごとに一定の人数の運行管理者を選任しなければなりません。

運行管理者の役割

安全運行を確保し、交通事故の防止を図る

運行管理者の役割は、事業者の代わりに法令に定められた運行の安全確保に関する業務を行なうということです。つまり、運行管理者には、交通事故防止をするという責任があります。運行管理者は、輸送の安全の責任者であるということをしっかりと認識して、その業務を行なわなければなりません。

事業者と運転者のパイプ役としての役割

運行管理者は、法令で定められた業務を確実に遂行しなければなりません。そのためには実務知識を身につけることが必要です。

しかし、それだけではなく、日頃から運転者と積極的にコミュニケーションをとり、必要ならば運転者の声を会社に伝えることも運行管理者の重要な役割のひとつです。

運行管理者の業務

具体的な業務として、以下のものが挙げられます。

  • 乗務員台帳、乗務員証等の作成
  • 運転者の指導監督
  • 事業用自動車の運転者の乗務割の作成
  • 点呼
  • 事故の記録
  • 安全運行の指示
  • 休憩・睡眠施設の保守管理 など

運行管理者の業務については、こちらをご覧ください。

運行管理者になるには

運行管理者になるには、自動車運送事業の種別に応じた種類の運行管理者資格者証を取得する必要があります。運行管理者資格者証を取得するには次の二つの方法があります。

  1. 運行管理者試験に合格する。
    受験資格として、次のいずれかに該当する必要があります。

    • 事業用自動車の運行管理に関する1年以上の実務経験
    • 自動車事故対策機構が行なう基礎講習の受講
  2. 事業用自動車の運行の安全の確保に関する業務について一定の業務経験その他の要件を備える。
    • 取得しようとする運行管理者資格者証の種類に応じた種別の自動車運送事業(貨物軽自動車運送事業を除きます)の事業用自動車の運行の管理に関し5年以上の実務経験がある。
    • その間に自動車事故対策機構が行なう運行管理に関する講習を5回以上受講している。5回以上の講習のうち、少なくとも1回は基礎講習を受講している。

運行管理者講習

運行管理者に選任された場合、次のように運行管理者講習を受けなければなりません。

  1. 新たに運行管理者に選任された場合
    基礎講習または一般講習
  2. 既に運行管理者に選任されている場合
    2年ごとに一般講習

運行管理者試験に合格するための勉強方法について、自分自身の経験を踏まえてお話します。

年々難易度がアップしている
運行管理者試験に合格するための勉強方法

運行管理者試験は年々難易度がアップしてきています。合格点を取るには、しっかりと勉強する必要があります。一夜漬けの勉強で合格することは難しいと言えます。

ですが、めちゃくちゃ難しいというわけでもありません。地道に次のことをやれば、独学でも合格することはできます。

  1. 参考書を読んで要点をまとめる
  2. 過去問題を解く

問題を解いて間違えたら、間違えた部分のテキストを読み返して、何が間違っていたのかを理解します。それを何度も繰り返します。それが合格への一番の近道です。

試験対策講座を受けるのも一つの方法でしょう。トラック協会などが実施しています。

私自身は、独学で過去問題を何度も繰り返し解き、一回の受験で合格することができました。私自身は、ユーキャンのテキストと問題集を利用しました。

以下に「運行管理者試験」と入力して、ご自分に合いそうな参考書・問題集を探してみてください。
問題集は、数回分の過去問が掲載されているものを選ぶようにしてください。

試験対策の参考書・問題集は受験しようとしている回に対応したものを利用することをおススメします。なぜならば、古い参考書・問題集だと、法律が改正されている可能性があり、古い法律を前提に勉強すると、間違った知識を覚えてしまうからです。

寝る前の勉強は記憶に残る

いつ勉強するのがいいかと言うと、寝る前の勉強がお勧めです。

なぜならば、精神科医の樺沢紫苑氏によると、寝る前の勉強は記憶を最大化するからです。

寝る前に勉強すると、勉強したことが頭に残りやすいといわれます。寝ている間には新しいインプットがなされないので、「記憶の衝突」が起こらず、頭の中の整理が進むからです。

(『読んだら忘れない読書術』より)

 

読んだら忘れない読書術
著者:樺沢紫苑
出版社:サンマーク出版

 

目的をはっきりさせて目標を立てる

試験に合格するためには、目的をはっきりさせて目標を立てることも重要です。

あなたが試験に合格したい目的は何ですか?

  • 運行管理者になって給料を上げる
  • 運行管理者資格を取って就職・転職する

人それぞれ、色々あると思います。

目的をはっきりさせたら目標を立てます。そして、紙に書き出します。

目標を立てるだけでなく、紙に書き出した人の方が成功しやすいと言われています。

漠然と試験勉強をするのではなく、目標を立ててそれに向かって勉強する。

その方が合格する確率は上がるでしょう。

 

運行管理者、運転者必読!交通事故を起こさないための本

トラックの事故は、重大事故につながりやすいです。被害にあわれた方や荷主だけでなく、会社関係者など多くの人に影響を与えます。

運行管理者自身が交通事故に対して刑事責任を問われることもあります。

交通事故の防止は、運転者だけの問題ではありません。

運行管理者には、次のことが求められているのです。

  • 運転者と一緒になって事故の防止について考えること
  • 運転者の自覚を促し、手助けをする存在であること

運行管理者が知っておきたい交通事故の防止・安全運転の指導に役立つ書籍をご紹介します。あなたの運行管理業務にお役立ていただければ幸いです。

交通事故を7割減らすたった2つの習慣

これまでの安全運転指導では身につかなかった交通事故を減らす具体的な習慣と交通安全意識が高まります。企業・団体の安全運転管理者にお薦めです。

著者: 江上喜朗
監修: 松永勝也
出版社: 日本経済新聞出版社
発売日: 2013/5/23

ドライバーズハンドブック 交通心理学が教える事故を起こさない20の方法

著者: 長塚康弘
出版社: 新潟日報事業社
発売日: 2011/4/1

社長の決意で交通事故を半減! 社員を守るトラック運輸事業者の5つのノウハウ

「年間82件の交通事故を43件に半減した」トラック運輸事業者が実際に実施した、長時間労働の是正、人事評価制度の活用、就業規則の作成などの取組みを解説し、交通事故を削減するための仕組みを明らかにします。

著者: 山本昌幸
出版社: 労働調査会出版局
発売日:2017/1/13

リンク

運行管理者試験については、「運行管理者試験センターホームページ」をご参照ください。
運行管理者講習については、「自動車事故対策機構ホームページ」をご参照ください。