グリーン経営認証基準 - 推進手段等の整備

このページでは、トラック運送事業におけるグリーン経営認証基準について解説しています。

グリーン経営認証基準は、グリーン経営認証を取得するときに必須の取組項目です。
認証基準は全部で36項目あります。
グリーン経営認証を取得するためには、認証基準の36項目の取組ができていることが必要です。

推進手段等の整備

ドライバーへのエコドライブのための教材としては、(公社)全日本トラック協会作成の「エコドライブ推進手帳」やエコモ財団発行の「トラックのエコドライブテキスト」などがあります。
これらの教材を用いてエコドライブの重要性や取組姿勢、具体的にどんなことをしていくかについて教育することが必要です。

認証基準

エコドライブを実施するための手引き(省エネ運転マニュアル等)をドライバーに配布している。

取組のポイント

1.エコドライブの取組項目、具体的なやり方、注意点、効果などが説明されているエコドライブに関する手引き(説明書、教本)を全ドライバーへ配布し、全員がいつでも利用できるようにします。
2.手引きとしては、トラック協会、トラックメーカー、各種団体などが発行したものを利用することができます。
3.配布する手引きは、印刷された冊子でも、元の資料をコピーしたものでも、インターネットから入手・プリントしたものでもかまいません。

審査での確認ポイント

エコドライブに関する手引きがドライバーへ配布されているかが確認されます。

審査で確認する書類の例

ドライバーに配布していることを裏付ける下記のいずれかのものが必要です。

  • 教育資料
  • 社内通達文書または社内報
  • 冊子類
  • 配布した手引きの控え など

過去の審査であった不適合例

①エコドライブを実施するための手引きを配布していない。