運行管理者試験 – 2022年度(令和4年度)第1回

スポンサーリンク
スポンサーリンク

運行管理者試験とは、事業用自動車の運行の安全に関する実務経験がない方が運行管理者になる資格を得るための試験です。

公益財団法人 運行管理者試験センターが実施しています。1年に2回、8月と3月に実施されます。

試験には、旅客と貨物の2種類があります。

2022年度(令和4年度)第1回運行管理者試験について

試験の日程

2021年度(令和3年度)以降の運行管理者試験はCBT試験で行なわれることになりました。
筆記試験は行なわれません。

CBT試験とは、問題用紙やマークシートなどの紙を使用せず、パソコンの画面に表示される問題に対しマウス等を用いて回答する試験です。申請時に複数の試験実施日時や試験会場の中から、受験する日時と会場を選択することができます。

CBT試験については、『運行管理者試験のCBT試験について』をご覧ください。

2022年度(令和4年度)第1回運行管理者試験日程

CBT試験:2022年(令和4年)8月6日(土)~9月4日(日)

申請受付期間

新規受験

インターネット申請:2022年(令和4年)6月13日(月) 〜 7月13日(水)

再受験

インターネット申請:2022年(令和4年)6月13日(月) 〜 7月13日(水)

合格発表

2022年(令和4年)9月21日(水)(予定)

試験の種類

運行管理者試験には、貨物と旅客の2種類があります。

受験申請できるのは1種類のみです。貨物と旅客を同時に申請することはできません。

貨物と旅客それぞれ、下に掲げる法令等(法令に基づく命令等を含みます)について筆記で行なわれます。

貨物

 出題分野出題数
(1)貨物自動車運送事業法関係8
(2)道路運送車両法関係4
(3)道路交通法関係5
(4)労働基準法関係6
(5)その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力7
 合計30

旅客

 出題分野出題数
(1)道路運送法関係8
(2)道路運送車両法関係4
(3)道路交通法関係5
(4)労働基準法関係6
(5)その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力7
 合計30

注意事項

  • 法令等の改正があった場合は、法令等の改正施行後6ヵ月は改正部分を問う問題は出題されません。

合格基準

運行管理者試験の合格基準は貨物・旅客共に、次の①及び②を同時に満たす得点が必要です。

  • ① 原則として、総得点が満点の60%(30問中18問)以上であること。
  • ② 上表の(1)~(4)の出題分野ごとに正解が1問以上であり、(5)については正解が2問以上であること。

運行管理者試験に合格するには

運行管理者試験は年々難しくなっています。付け焼き刃的な対策では合格するのは困難です。
早目に試験対策に取り掛かることをお勧めします。

運行管理者試験に合格するための勉強方法
寝る前の勉強は記憶に残る いつ勉強するのがいいかと言うと、寝る前の勉強がお勧めです。 なぜならば、精神科医の樺沢紫苑氏によると、寝る前の勉強は記憶を最大化するからです。 寝る前に勉強すると、勉強したことが頭に残りやすいといわれ...